カワサキもタイに生産拠点をシフト

タイ工場で大型車の生産も始めるそうだ。


それに伴って、明石工場の生産は、15万台から10万台に減産だそうで。


冗談抜きで、日本4大メーカーは、全部生産を海外にシフトするかも知れない。


そうなったら、ホンダもヤマハもカワサキもスズキも、全部輸入車ってことになる。


あれ、でも輸入車だったら、騒音規制もパワー規制も排ガス規制も緩くて、180キロリミッターも解除なのかな?

ホンダはタイで生産して日本に輸入

タイホンダで生産した中型二輪を、日本に輸入する計画があるらしい。


タイで生産するのが安いってのもあるだろうけど、全然バイクが売れない日本に生産の本拠を置いておくのはもったいないだろう。


開発に金がかかって、生産数も少ない大型車は、研究所がある日本で生産する方が良いかも知れないが、数が出る中型以下は、海外の安いとこで大量生産する方が良さ気だ。


日本でバイクが生き残るには、早期に電動バイクを普及させて、バイクはエコだ!! とアピールするしかないような気がする。


高性能バッテリーを大量に生産するのは、全然エコじゃない資源の浪費だから、バッテリーがたくさん必要な電気自動車ってのは、まったくエコじゃない。


重量ベースで車の1/10ぐらいのバイクなら、バッテリーもずっと小さくて済む。

aojirun.com


本気でエコにしたいなら、都市交通は四輪よりも二輪ベースにする方が理にかなっているが、企業や政府がたくさん儲けたいなら、単価が高くて、税金も高い四輪を売った方が良いので、なんともバイクが生き残るのは難しい話だ。